バンコクに駆け足で行ってきました。
シンガポールで購入したSIMフリー(SIMアンロック)の、iPhone 4を持っているので、現地でどのようなSIMを変えばいいのかをネットで調査していましたがはっきりとわかりませんでした。

P1050106_Rタイスワナンプーム国際空港で入国後のロビーにあるカウンターです。
現地に夜ついてもキャリアのカウンターは開いていました。
何度かWebで見かけた通りです。
黄色がAIS、奥の青色の方がDtacです。

ITメディアの記事と同じような写真になってしまいました。

お店のお兄さんに「iPhone 4用のプリペイドSIMが欲しい」と伝えると、「89バーツで、一か月50MByte通信が出来て5バーツの通話料を含んでるよ」みたいなことを言うので激安だなぁと思いながら購入。
iPhoneを渡すと、SIMを交換して設定をしてくれる。
元のSIMはビニールの小さい袋に入れてくれました。

実際に使ってみると、正直遅い。(多分3Gでは無いのでしょう)
”メール”でのメール受信がつながらなくなったりする現象もありました。
(g-mailなので、サイトで見れば問題ないのですが)

改めて検索してみると、このリンクのサイトが製品紹介になっています。 
月50MByteを二カ月使えるようです。
DSC_9697_R SIMのパッケージ時はタイ語で書いてあるだけなので何がなんだかわかりません。
 パッケージに電話番号も書いてあります。
 (現在使っていないため、かけてもつながりません)



DSC_9699_Rパッケージの中。








タイではiPhoneのマップを使うことで、場所の確認ができました。(これは非常に役に立ちました)
たとえば、タクシーの中で変な方向に向かっていないかなどをその場で確認できるので便利です。

300円もしない金額で、この安心が買えるのは安いと思いました。

ちょっと気になったのは帰国時のSIM交換。
帰国前にカウンターでSIMを戻してもらうと、出国審査後に使えなくなります。
(免税店での価格が楽天より安いかどうか等調査したくてもできなくなる)

今回は、とりあえずそのままで帰国し、帰国後に到着ロビーにあるソフトバンクのカウンターでピンを借用し交換しました。
交換後、APN設定がわからなくて通信できないという状況に陥りましたので、これらの情報はメモ帳にメモしておく方がよさそうです。

 AppBank Store

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック