2011年11月18日 北口和沙さん x 中村記子さん@溝の口

北口和沙さんが溝の口にやってくる!!(前回はこちら)
ということで、一眼レフカメラの方が良く写るだろうと思い、
重いNikon D90でチャレンジ。

DSC_2697

用意したレンズは、50mm f/1.4と18-200mm f/3.5-5.6。
18-200を使えばアップで撮れる!と思っていましたが
レンズが暗いのでダメですね。
結局 50mmのレンズで撮るしかない。

普段は、Sony NEX-5 + MFレンズで撮影していて、ピント合わせに苦労していましたので
さぞかしAFでの撮影は楽だろうと思っていましたが、
ファインダーをのぞいていて、結局ピントがあっているのかどうかわからない状態の撮影になりました。
なぜなら、普段はライブビューで拡大してピントを確認しているのに対して
一眼レフではファインダー内のあの大きさでピントが合っているかどうかを確認しなければならないのです。
まぁ、AFなので合っているだろうと思いますが。
ミラーレスになれていると、一眼レフで撮影することが心配になってきます。

DSC_2693

そして、ファインダーをのぞかなければならない、という制約。
(これが制約になるとは・・・)
NEX-5はバリアングルであるため、ウェストレベルでの撮影が楽なのです。

NEX-5は、それはそれで欠点もありますが、ストリートライブの撮影では、対D90とでは圧勝。
ただし、スポーツ写真等では違います。 

北口さん。まるで森高千里みたいだったなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック