高校生の頃からパンクにハマった。
宝島を読んだり、ピストルズを聞いたり、ラフィンノーズが好きだった。
基本的には兄の影響で、スターリンやPiLのレコード(!)を貸してもらった。

シドもかっこいいけど、ジョンライドン(ジョニーロットン)が好きで
PiLのレコードも、神戸のタワーレコードでブートレグ(?)のライブアルバムを買い漁っていた。
今にして思うと、その金、どっから出てたの??

Live in Tokyo もよく聴いたなぁ〜。
当時、このジャケットの印象は 「なんじゃこりゃ!?」だったけど、
今にして思うとカッコイイ。
当時の日本、今は亡きサクラヤ、ピストルズの頃よりもちょっと太ったジョン。
でも、今にしてみればまだまだ細い。

ホント、PiLが好きだったんだよなぁ・・・。
この撮影場所の最近の状況は↓ 是非一度同じ場所に立って記念撮影したい。


で、たまたまPiLが来日するという情報を最近知って、こりゃ行くしかない!と思っていた。
オールスタンディングだし、チケットは余っているみたいだったけど
条件のいいチケットがオークションであったので購入。

この4月6日は、天候大荒れの予想。
とりあえず会場時には雨が降っていた。
場合によっては、電車が止まって帰れなくなるかも・・。とまで心配していたがそこまでのトラブルはなかった。
DSC_0030
SHIBUYA-AXへ〜。(原宿駅方面より)

DSC_0031
会場前の入り口〜。このロゴもかっこいいよね。
ポスター欲しかったなぁ・・・。
しかし、雨中会場を待つのはきついなぁ・・・。
(このカサ置き場のいい加減さがいいですね)

会場内はこんな感じ(写真は終演後)
DSC_0037

入場して、このPiLマークを見たら、「うぉぉ!来たんやぁ〜!」とうれしくなりましたね。
(開演前はマークも暗かったけど)

前から二列目中央付近のジョンがよく見えそうな場所で待機すること一時間。
そして開演。
新旧取り交ぜての構成で、進みます。
ジョンのお酒と水を混ぜてのウガイ。
鼻水飛ばし。おぉ、これこれ!と思いましたね。

英語力は低い方ではないと思っていましたが、ジョンが言っている事はサッパリわかりませんでした。
(=> じゃぁ、英語力低いのでは?という事か・・・)

どうしても古い曲の方が好きです。
Albatross、Memories カッコよかった〜。
ベースもギターもドラムも皆それぞれのカッコよさをもっているメンバー。
(すみませんが、名前は知りません)

とにかく感動したのは、ジョンがそこに居る ということ。
ホント、涙もの。
あの眼、正に本物。

しかも、もっとサボり気味な公演なのかと思っていたけど
まさに、全力。
スゴイよ、ジョン。おれは感動した。
そして今も元気に活動してくれていることを感謝している。

Swanlake もよかったなぁ。

そして、一部最後の曲、Public image。
ここで観客の抑えきれない気持ちがさく裂。
怒濤のラッシュ、思い思いのポゴダンス、そして大合唱。
この盛り上がりは最高でした。

思い出に、ツアーTシャツを購入。3,500円(高っ!!)
DSC01319
このTシャツ $25でサイトで販売中ですね。
(買ったやつはバックプリントが2013年の中国、日本、オーストラリア用)
是非一度、Tシャツはコンプリートしたいなぁ。(ここで売っています)
(DeskUnionより安いから許すか。ちなみに4,500円・・・。)

次に来日したら、行くか?
行くよ!今度は歌詞覚えて行くから! 
ジョンがどれだけボロボロになっていても行くよ! 

**
そう言えば、ベースの人のところのMacbook。
天面のアップルマークがPiLマークになっていたなぁ。
マネしたい所です。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック