国内でAppleから発売されたSIMロックフリーのiPhone 5sを購入しました。
容量は32GBで、¥81,800- です。
(キャリアの iPhone 5 や 5c の16GBが MNP だとキャッシュバック付きで一括0円で
売られていることを考えると ”高!” ですね)

JGCを狙っていて海外に行く機会が多いならばいざ知らず、
自分に今SIMフリーiPhoneが必要なのか?
と、考えると明確な理由がありません。
まさに「欲しいから買う!」だけです。

SIMフリーiPhoneの利点だった、シャッター音がしない という仕様については
国内版SIMフリーiPhoneは音が出るとのことで、ここはちょっと残念。
レストランやお店での撮影で、シャッター音を消したいのですけどね〜。

あまり皆さんは興味をお持ちでは無いと思いますが、今回購入にいたった経緯を紹介します。

まず、欲しかったのが指紋認証機能です。
パスコードを設定しているので、ログイン時にいつも4桁の数字を入れています。
このコードも、人前で入れることが多く、見られているような気がするんですね。
なんだか、それが恥ずかしい・・。なんて気になって仕方がなかったんです。
そう考えるということは、自身が人のパスコードをじぃ〜っと見ているのか?というと
妻のパスコードするら知りません・・。
そんなこんなで、この指紋認証がどうしても欲しくなってしまいました。

それにプラスして、妻や長男が使っているiPhone 4s の故障が発生。(がまん出来るレベル)
これは一家の主として、是非新しいiPhoneを買ってあげなければ!と物欲丸出しで購入を検討開始しました。

 iPhone 5cは、SBやauで MNP 一括0円+キャッシュバックが当たり前なのですが、
5s はなかなかいい条件が見当たりませんでした。
どうも、家族の中では、5c ??? いや、それはちょっと・・という雰囲気が漂っていました。

ここに来て、とある店舗で  ” (ドコモ) 3台MNPで 5s が一括 0円 ”のキャンペーンをやっていました。
1月からの学割キャンペーンスタート時期には一括0円は珍しくなくなるかな?とは思いますが
現時点ではなかなかの条件でしたので、家族分 3台 MNPを実施。
オプションは、dビデオと当初無料のドコモオプションのみで、即外しOK。

3台購入のうち、残りの2台は家族が使います。
このうち一台を買取店で ¥58,000- にて売却。(現在は買取価格が52,000円程度に下がっている模様)
シンガポールで購入した思い出の SIMフリー iPhone 4 32GB を ¥21,000- にて売却。
合計 ¥79,000-となり、ほぼ 脳内 0円でSIMフリーiPhone 5s の購入資金ができたので
アップルオンラインストアで購入しました。

↓ 楽天でストアと同価格にて海外版SIMフリーiPhone 5s が販売されているんですね・・
海外版SIMフリー Apple iPhone5s ゴールド 16GB

海外版SIMフリー Apple iPhone5s ゴールド 16GB
価格:71,800円(税込、送料込)


今回は、ちょっと弱気(なのか強気なのか)になって、アップルケアプラスも追加してしまいました。
どうせ、そんなに使い込まないのですが・・・

なぜ、SIMフリーか?
・今やiPhone は国内3キャリアで取り扱われる共通端末である
 週刊リスキーで見る限り、特に不都合なく各キャリアで使えそう
 持っていた iPhone 4(SIMフリー)だとLTEが使えない、auで使えないという問題がありました。
・MNPなどで、ころころとキャリアを変える予定がある
 となると、どうせMNPする場合にはiPhoneを狙うだろう=SIMサイズはnano
 MNPの際に入手した端末を(同じiPhoneをキャリア毎に)いちいち使うより、
 SIMを入れ替えて使えるSIMフリーiPhoneを旗艦として使い続けた方が楽だろう
 (入手した端末は即売却する)

実は、趣味がMNPでして・・・かなりの回線を持っています。
趣味のMNP(通称 MNP乞食)では、端末の買取価格が高い iPhone が主となるため
SIMフリーのiPhoneはいろいろな場面で助かるはずです。

実際に運用していくと、いろいろと問題は発生するかもしれませんし、
iPhone 6 が出たら使わなくなるかもしれません。
家内や長男のスペアとして、また、安価なMVNO用として、等いろいろと使い道はあるかと思います。
まぁ、モバイル環境はゴロゴロと変わるので、この5sも使っても一年位かと思います。
DSC03042_R
届いた SIMフリー iPhone 5s は、ソフトバンクの iPhone 5c 用の
SIMを入れてアクティベーションして使っています。

DSC03041_R
型番はME336J/A, Model A1453 です。
個人的には、シルバーが一番キレイだったのでシルバーにしました。
妻がゴールド、息子がグレイを使っています。
何気にスペースグレイがかっこよかったですね。

今回は、Apple 純正の 5s ケースを購入しました。
iPad Air で買った純正の革ケースの手触りがよかったので、
iPhone 5s 用にも革ケースを買いました!
DSC03043_R
¥4,080-です。高い!
本当は赤が欲しかったのですが、レビューに”すぐに汚れる” 等と書いてあったので
黒を購入しました。
DSC03044_R
↑ パッケージ裏側
DSC03046_R
↑ 革の凹凸で作られたアップルのリンゴマーク
中にはプラスチックのフレームが入っているようで、カメラレンズ周辺はプラ枠となっています。
DSC03047_R
↑内側 気持ちいいです。

DSC03049_R
↑ そして、イヤホン端子部。確かに狭い!
ここもプラスチックのフレームがあるため、革の伸縮は期待できません。
アップルストアのWebページでもBose製ヘッドフォン、イヤホンが使えるか?の質問が上がっています。使えなくはありませんが、ちょっとしたプラグの回転ですぐに外れます。
端子の接触性や使用時の安定性を考えるとこのケースは避けるべきです。
シンプルな表現に変えると、”使えません” となります。
DSC03048_R
↑ 手持ちのBose IE2 audio headphones を挿入したところ。
使えます。が、本当にすぐにポロリと外れます。
実際に使うならばドリルのようなものでプラスチックを含めて削る必要がありそうです。
近々届く Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic でも、しっかりと刺さるのかを確認します。 
 
まぁ、個人的には気に入っていますが、正直 白と黒の組み合わせはイマイチでした。
汚れ等は気にせずに、もっと自由に色を楽しんだ方がよかった と思います。

以上、皆様のご参考になれば、と思います。
↓ ケースが100万円??
 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック