DSC03121
iPad Air購入時に、ただでさえ品数が少ない店舗で選んだフィルムは、
ELECOM for iPad 2013 指紋防止フィルム。
指紋防止+反射防止+エアーレス
と、機能が盛りだくさんです。(上の写真右側)



電車の中で見るときに窓の外からの反射が気になるといやだし・・。
と、考えて反射防止にしました。

これが失敗。

指紋防止のためか、
 表面がさらさら
     ↓
 表面に微細な凹凸をつけている(のだろう)
     ↓
 (おかげで拡散して)解像感が落ちて見づらい

という結果で、後悔しました。 
(指のさらさら感重視の方は別の印象を持つかと思います)

フィルムって、高いですよね。
特に、iPad のように大きなサイズだとさらに値段が高くなって
買い換えようか!なんて気軽にはできません。

しかし、せっかくの Retina ディスプレイ が台無しだし、
日経電子版(紙面ビューワー)で、新聞紙面が見にくい!
電子書籍で買った雑誌の文字が見にくい!
と、目的とした使い方に支障が出るため、即買い換えました。

で、買ったのがコレ↓
他の方のブログ等を参考にして選びました。
MIYAVIX OverLay Brilliant 高光沢タイプです。

高光沢タイプ!色鮮やか!ハードコート仕様!
最も気に入っているのは、ホームボタン周辺がくりぬかれているところです。
ホームボタン下側が切り取られているのをU型、くり抜かれているのをO型と呼ぶことにします。
下の写真左がO型、右がU型。
DSC03126
見栄えとしての勝負は見えています。
見栄えはO型が圧勝!
U型のメリットはいくつかあります。
1. 親指でホームボタンを押す場合にフィルムによる段差が気にならない
2. 貼り付け時の位置合わせが比較的楽(だと思う)
ですが、もう見栄えだけでO型がいいですよ!

開封してみたら本当にフィルムしか入っていませんでした。
大抵は、画面を清掃するためのクリーナーが入っていますよね。
最近では、ゴミ取りの為の粘着物が入っている場合もあります。
しかし、この商品はフィルムオンリー!
また、多くのフィルムは表裏にシートが貼ってありますが、ここのは裏面(台紙)のみ。

貼って見ると、空気は入りにくいですね。
位置に気をつけて、ゆーーっくり貼れば大丈夫です。
冬場はホコリが付きやすいので注意です。

初めに購入したフィルムは、張り替え後に即廃棄しました。
これでフィルムが悪い!と思いながら眺めていた生活からさらばです。

しかし、スマートケースをつけていて常に表面はカバーされているのに
フィルムを貼るというのは、どこまで心配性なんでしょうね。 

(U型、O型の表現は、トイレの便座の呼び方から拝借しました) 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック