C6833 は モノ好きブログ管理人 愛用 の一台です。(管理人は、C6833 パープル iconを保有)
艦コレファンの方も、あれやこれやテクニックを使って、この大画面で楽しんでいるようです。

今週も、EXPANSYS を中心に、Z Ultraの価格動向を見てみます。

SIMフリーの購入は、業界スタンダードのエクスパンシスが安心です。
(↓ 本リンク経由で購入いただけると、管理人としても助かります!よろしくお願いします)

エクスパンシス 

*記事としては、価格情報の更新をメインとしており、全面的に見直しをおこなっていますが、本筋としては似通った内容となっています。御了承ください。
Xperia Z3 Tablet Compact の噂も聞こえてきますね。

また、そろそろ発表される、iPhone 6 も楽しみですね。

C6833, C6806 は、先週末から34,800円 → 32、700 円 になり、引き続き安値安定中です。
流石に、1年経過の端末ですのでこの辺りが落とし所と思います。
去年の発売当初の価格は、73,033円!(こちらの記事を参考にさせていただきました)
今でも、定価 62,254円からの割引表示ですね。

くどいようですが、欲しい時にそこそこの価格での購入が 吉! と管理人は考えます。
そもそも、これ以上はなかなか下がらないと思います。

先週も書きましたが、例えば、発売から1.5年経過している 初代 Xperia Z C6603の価格を見てみると 現在 30,200 円です。
39
まぁ、X Ultraが不人気機種(ゴミ)かどうかによるかと思いますが、週末から週明けにかけての個数をチェックしている限り、それ相応の人気はある!と思います。
人気がある以上、18,000円になったりまではしないと思います。
あったとして、28,900円というところでしょう。
現在の価格と在庫状況情報
この個数は、土日の間には変化しません。
月曜日になると、ズルズルと個数が減ります。
週末はEXPANSYSさんは御休みで、金曜日夕方から土日にたまった注文を
月曜日から処理していくようです。
(ナイショですが、月曜日にどの程度数が減るかを見るのが最近楽しみです・・)

エクスパンシスでの購入時には、上記価格にプラスして送料および関税がかかります。
送料は、以下の通りです。
 FedEx (最短で1-2営業日後にお届け) 2,300円 
 ヤマト運輸 (最短で2-4日後にお届け) 1,800 円(代引可能)
私はFedEx の印象が良くないです。
若干、届くまで早いのですが、再配達時うまくいかなかった記憶があります。
国内の配達にこなれたヤマトの方がいいのではないかと思います。

関税は2,000円程度ではないでしょうか。
最近、値下がったおかげか、関税がかからなかったという記事も見かけたように思います。

関税がかかったとして 32,700円+1,800円(送料)+2,000円(関税) = 36,500円です。

Amazon でのSIMフリー版の状況
例えば以下のAmazonでの販売では 37,800円 送料込みで買えます。(先週より若干下落です!)
個人輸入は面倒! という方は Amazon での購入がオススメです。

国内のAmazonからの発送であればすぐに届きますよ!
当然関税はかかりません!
Amazonは、タメになるレビューが多数あるので一度目を通してみていただき、レビュー記載内容から自分の使い方にあっているかどうかの再確認することををオススメします。

au版 Xperia Z Ultra も一応確認
au版 SOL24 の C6833に対するメリットについて下記に列挙します。(復習です)
  • ワンセグ・フルセグ対応(お風呂でTVを見たり・・とかできますかね)
  • ストレージ容量が32GB(dビデオの映像もたっぷり保存できますね)
  • mineoでの運用可能(au機ならではのメリット。LTEデータ通信 1GBまで980円、通話可能+1GB通信の場合 1590円)
  • auショップでのサポートを期待(?)
  • 価格が安い!
といったメリットがあります。
今なら、SOL24 パープルの 31,485円が現在の最安値です!(送料込み)・・・先週より安くなっていますね。


ただ、au で使う白ロムという観点では、やはりこの基本性能が高いのに安い SHL23 は気になる存在です。
アンダー2万円って・・。Z Ultra の 2/3 の価格です!(わたしは、このブルーが好きです!)

最近話題の格安スマホの本体と同じ値段で、最近の機種が買える訳ですからSHL23は買いだと思いますね!
モデル選択の目安(おさらい)
  • Wi-Fi 運用(Wi-Fiスポット利用やポケットワイファイ利用)なら、SOL24がおすすめです。
  • au, mineo での利用を前提とするなら、SOL24の購入がおすすめ。(もっと価格を抑えるならSHL23 も!)
  • Docomo, Softbankでの利用を前提とするなら、C6833,6806 購入がおすすめ。
    ( SOL24でもドコモ、ソフトバンクで使えるという記事もみますが・・難しいので管理人はチャレンジしません)
管理人は、ケースなしの半裸(Deff ガラス製フィルムを付けています)での運用です。
折角のカッコいい Z Ultra のボディが、サードパーティのアクセサリーでカバーされるのは許せません!
幸いにも、今のところ落下することなく無傷です!
アクセサリーの紹介については下の記事でおこなっています。
 「Xperia Z Ultra C6833 購入時の覚悟すべき費用

エクスパンシス

以上、Xperia Z Ultra の事が気になっている方の参考になれば幸いです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 管理人
    • 2014年09月04日 00:28
    • 2014/9/3 0:00の状況。
      Black 40個→入荷待ち(-40)
      White 52個→16個(-36)
      Purple 60個→28個 (-32)
      ブラックが人気でしょうか。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック