やっぱりモノが好き。

最近購入したモノ、気になるモノを紹介します。TUMIのバッグやスマホ等のガジェットについて、レビューや価格情報を中心に紹介しています。
コメントをいただけると、非常にうれしいです!
スミマセン、カテゴリーやタグの整理ができていないので、ちょっと右下のGoogleカスタム検索を使うとイロイロ出てくるかもしれません。

Sponsored Link

カテゴリ: 読書

kobo glo を使い始めて1週間が経過しました。

この安っぽい本体は・・・と思ってナメテいましたが、使っていると結構いいですよ!

kobo自体がネガティブな話が多く、電車の中で使うのも若干恥ずかしい、という気持ちもありましたが、
これ、結構いいです。

また、koboは自炊向け!などというエントリーも多く、
コンテンツ購入を前提に考えている方が手を出しにくいという傾向もあるように感じます。

さて、koboの いい!と思う点を3つ挙げます。

1. 電子ブックが安く買える!
 20%~40%オフのクーポン情報があり、実際にこのクーポンが使えます。
 米国との時差の影響のためか、一日程度過ぎても使えます。
 kobo クーポン で検索すると、出てきます。
 また、僅かですが、楽天ポイントも貯まります。

 クーポンの場合、好きなタイトルを選べるのがメリットです。

 Amazonのkindleは、タイトルによっては極端に安い場合があります。
 端末をkoboとkindleの両方を持っていれば
 両方のサービスをチェックをして、安いときに買っておくのが吉ですね。
 
 2. 端末の軽さがいい!
 モノは、サイズと重さで質感に関するイメージが変わってきます。 
 ぎっしり詰まったようなイメージの重さの方が、「よく出来ている」なんて思ったりします。
 この点においてkindleは、「いいなぁ。」と思う端末です。
 これに対して、kobo glo は軽くて、言ってしまうと「チープ」。

 kobo 185g : kindle 222g なので約17%違う事になります。

 持ち運びの時に軽くていい、というメリットの他に大きなメリットがあります。
 寝ながら読んでいて顔に落下した時に、この軽さが生かされます!
 koboは顔に落ちてきても痛くありません。
 ごろ寝しながら読むことが多い方には、ホントお勧めです。
 (目への落下によるダメージも考えられます。くれぐれもケガにはご注意下さいね)

3. この厚みがいい!
 kobo gloとkindle とを比較している記事で、「koboの方が厚い」と書かれています。
 僅か1mm程度の違いのようですが、これが大きく印象と使い勝手を変えます。
 この厚み、決してネガティブな要素では無く、使っていると非常にイイ事だと気付きます。
 裏面の”無意味と思われる”デザインと合わせて、持ちやすくするために必要な厚みなのです。
DSC01204
koboが何故こんなに分厚く、美しくない膨らみを持っているのか?
技術的には、もっと薄くできると思います。
が、koboは、この読書スタイル↓ を重視したのだと思います。(汚い写真ですみません・・・)
DSC01207
この持ち方が、薄くて重いkindleでは保持しにくいのです。  
さらに、kindleでは厳しい持ち方がこれ↓。
DSC01209
この下部からの”つまみ持ち”がkoboでは可能ですが、kindleでは難しい(力がいる)。
このスタイルは、まさに米国の方がペーパーバックを読む場合の持ち方ではないでしょうか。
(多分)koboは、これらのスタイルでの持ち方を可能とするために、
厚みを持たせ、背面を丸め、さらに滑り止めのために背面にスジを入れたのだと思います。

以上、3点ほどkoboのいいところを紹介させてもらいました。


ここからは、不満な点です。

1. 輝度を最低にしても明るい
 対kindle非で、暗い中で読む場合に輝度を暗くした場合でも明るい過ぎです。
 しかし、慣れてしまいました・・。

2. ライトをつけた時に、下に帯状の表示が出て目ざわり
DSC01211
 本文にかかる訳ではありませんが、消して欲しいですね・・。

3. (今のところ?) 余白、行間の設定ができない
 設定の項目として表示されますが、選択できないようになっています。
 もう少し余白が欲しいのですが・・。

この不満な点については、慣れつつありますが改善してほしいですね。

koboについては、端末としての出来はイイと思います。
(ただし、チープな印象はあります)
ホントはBookLive!のリデオも試したいのですが、
ライトが無いのが痛い・・。

と、言う事で、koboがわりとお勧めです!



    このエントリーをはてなブックマークに追加

Kindle Paperwhite を購入しました。

Amazonで申し込んでいましたが、1月にならないと届かない・・というので
ビックカメラで購入しました。

推測ですが、Amazonは、手元に届いたときにすぐに使える様、
出荷前にユーザーの登録を端末に実施しているのではないでしょうか?

申し込む-> 端末に登録->パッキング->船便で出荷・・・・
そりゃ、時間かかりますよね・・。
(くどいようですが、推測です)

さて、発売日から数日後に入手できたKindleですが、
始めは、まぁ、こんなもんだな・・。何で買ったんだろ・・。
スマホもiPadもPCもあるのに、必要だったのかな・・・?
等と自問自答していましたが、もう手放せないモノとなってしまいました。

本を読む方!お勧めです。

DSC00878
電車の中、歩きながら、就寝前の暗い環境。
どのシチュエーションでも読書が可能です。

モノとしての質感も良好。
暗い場所での輝度むらは気になりますが・・。
明るく日のあたる環境で読めるのはいいですね。

Amazonの本の取り揃えには難あり。
読みたい作者の本が無いかも、という欠点はありますが
逆に、普段チョイスしない作者の本を読む機会が広がるという
メリット?はあります。

私の場合、シリーズ1冊目だけが当時は極端に安い(撒き餌・・)
『氷菓』を購入してしまい、すっかりはまってシリーズ全てを読破しました。
高校時代の切なさと、ちょっとした推理がいいですね。

電子書籍の場合、知り合いへの貸出等が困難となりますが
手軽さを考えると非常に便利な物です。
ただ、物をかったわけではなくライセンスを購入している、
という点はなんだか残念ですね。

『氷菓』古典部シリーズは以下の順番のようです。
氷菓 (角川文庫)
愚者のエンドロール (角川文庫)
クドリャフカの順番 (角川文庫)
遠まわりする雛 (角川文庫)
ふたりの距離の概算 (角川文庫)
特に、『ふたりの距離の概算』は文庫で出ておらず、
単行本では1,470円ですがKindle版では540円です。
今年発刊された本ですから文庫化は2年後と考えるとKindleで読むメリットはかなりありますね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

正直、今の電子書籍がどういうものかが分からない。

AmazonのKindle、ソニーのReader、楽天のkoboなどデバイスについてくるのか?サービスについてくるのか?
何がなんだか、良く分からないのです・・。
↓ Kindle(3G通信無料!docomo回線)

↓ Sony Reader(最大2年3G通信無料!au回線)


↓ 楽天のkobo Touch (購入でポイント還元が!)

多分、ユーザーが求めるのは、今までの本のように 「好きな時買ってに、好きな場所で読める」になることだと思うのですが、それって出来ているの?? 

それができるかどうかもわからないから、電子書籍にお金を払う気がおきない。
”その場限り”に近いモノなら、もっと安くてもいいと思う。
そのうち、各電子書籍サービス、アプリを横串で刺すようなアプリが誕生して、購入したコンテンツを一括で管理できるようになるのかもしれないですね。
なんとなく、今はAmazonのKindleで購入しておけば、大抵の一般的なデバイスで読めそうなのでベストな存在かもしれません。

ここでタイミング良くかぶってきたのが、「ブラックジャックによろしく」の二次利用の完全自由化。
佐藤秀峰先生、スゴイ!

今回、三省堂系のBookLiveにて全12巻 無料配信されていたので利用してみました。(リンク

使ったデバイスは、最近古くなった「新しいiPad」。
DSC04995

電子書籍ストア BookLiveでの会員登録が必要です。
また、iPadにBookLive Readerアプリのインストールが必要です。(無料)

そして、ブラックジャックによろしく をサイトでカート入れ、0円で購入。
iPad のBookLive Readerで会員情報の設定をおこなって、ダウンロードすればOKです。

時間があったのと、物語に引き込まれて、この土曜日に一気読みしました!
”がん”の話では、母親を以前がんで亡くしていること、義理の母親も闘病中ということもあって、涙。
作中の、若さと加齢、健康と病気の描き分け方はかなり”えげつない”ですが、リアル。

いろいろと思うところのある作品です。 おすすめです!
(いい作品ですが、まだ子どもには読ませられない描写も・・)

さて、このような無料作品がでてくると、徐々に電子書籍もメジャーになって来るでしょう。

今後の電子書籍の展開が楽しみです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新聞のウェブサイト記事で、勝間和代さんがイイ!と書いていたので、
マンガ 読んだらヤセる本 山田豊文監修 サンマーク出版を購入してみました。

(掲載されていたコラムはこちら 日経へのログインが必要です)

この本、若い女性にお勧めできます。

おすすめポイント
・ 食生活習慣の見直しを中心とした無理のないダイエットについて簡潔にまとめられている
・ 全編マンガで無茶苦茶読みやすい!
・ しかも、絵がいい!(作画:ミイダチエ)
・ 前半部分の主人公の女の子の心理、行動に妙に同意できる(苦笑)

DSC04724

その他ポイント
・ ダイエット本を既に何冊も読んだことがある方には、総まとめ編、復習編として読んでみてもいいかも。

さて、問題は本当に ”読んだらヤセる” のか?です。
読むだけでヤセるわけではありませんが、
少なからず読んだ人に対して食生活への意識を変える力があります。
これによって、食事をするときに 「この食べ物はちょっとアレだな・・・」などと考えるようになります。

おじさま方には、こちらの死なないぞダイエット [ 北折一 ] がおすすめです。
これは、50g単位での体重計選びから始まるので、物欲的にもイイですね。

今回、楽天ブックスで購入しました。
午前中に発注で在庫有りでしたので翌日到着で、結構早かったです。
本はアマゾンかな?と思っていましたが、アマゾンだと数日かかる印象ですので
急がない本であれば、楽天ブックスも試してみる価値アリだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

たまたま書店で見かけた 昭和40年男 という雑誌(?)。
非常に興味深く立ち読みした上で購入しました。

いろいろとラジカセやカセットテープやスネークマンショーやSIONや・・・。
とにかく色々とあの頃の話が載っている楽しいムック本です。表紙は伊部雅刀さん!シブイ!
DSC04699

この辺りを見ると、かなり興味をそそられるバックナンバーがたくさん! 
まぁ、在庫無しなんですけど。

今回は、ラジオのエアチェックが主テーマです。
なんとな〜くですけど、今の人達のYouTube、Ustream、ニコ動等が相当するのでしょうかね!

オフィシャルサイトは、こちらです。
このサイトによると、「 2009年10月29日に創刊した、昭和40年(〜41年3月)生まれの男性のためだけの情報誌 」
だそうです。奇数月の11日に販売されるそうです。
残念ながら私は前述の対象期間の生まれではありません。
なんだか、ちょっと残念だなぁ〜。

奇数月は要チェックですね!
バックナンバー読みたいなぁ〜。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラブコメ今昔」おもしろかったです!
有川 浩の作品はほとんど読んでいます。
 
どの作品を読んでも、ベースラインとして流れている甘酸っぱい恋愛話が魅力ですよね。

そして、このラブコメ今昔では、書名の通り、全編ラブストーリー (やや大人寄り) です。


読み終わって、ふと思ったのはラブコメの”コメ”な部分があったのかどうか??
いつも通りのあの楽しい雰囲気のところが”コメ”なのでしょうね!

恋愛話の次には、
自衛隊隊員の芯の強さや自身の仕事、任務に対する考え方を訴えた作品だと感じました。

有川浩だと「クジラの彼」も、結構好きな本です。
「ラブコメ今昔」と「クジラの彼」で、もーメロメロですよね。
「図書館戦争」シリーズも後半はメロメロだし!

さて、この「ラブコメ今昔」、短編が集まっているのですが、どれもイイお話しです。
え!?なんて展開も随所に埋め込まれています。
買って読んで後悔なしの一冊です。
甘いお話に浸りたい方は是非どうぞ! 

個人的には、使っているカメラがニコンだったというのが良かったですね。

【送料無料】ラブコメ今昔 [ 有川浩 ]

【送料無料】ラブコメ今昔 [ 有川浩 ]
価格:620円(税込、送料別)

【送料無料】クジラの彼 [ 有川浩 ]

【送料無料】クジラの彼 [ 有川浩 ]
価格:580円(税込、送料別)


↑送料別 と書いてありますが無料のようです。
また、楽天で本を買うと、ポイントも付くんですね。
午前中注文なら当日発送のようです。意外とAmazonよりイイかもしれませんね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

何日か前、帰宅すると普段買い物をするAmazonとは違うところから本が届いていた。
封筒の裏には、こんなスタンプが・・・。
DSC04012
よく見ると・・・。周りを囲んでいる文字は”HOUSE&DESERT”。
図は、”高”と”橋”の漢字が表わされているような・・・。

『家と砂漠』。
写真詩集である。

詩と文は高橋久美子。写真は千田正浩。
DSC04014
きれいなビニールに入っています。
DSC04013
昨日(1/20)から開催されている展示会のハガキも同封されていました。
持っている写真集と言えば、アラーキーの「いとしのチロ」「センチメンタルな旅」、そして藤原新也の「メメント・モリ 」の三冊。これらに追加されたのが、「家と砂漠」。
年初にツィートから販売を知り、Webで購入。

楽しみにしていたシリアル番号は、196。
DSC04015
私の筆跡鑑定(笑)では、高橋久美子さんの文字だと断定。
このページの前に自筆の原稿がコラージュされて載っていますが、そこに数字が出てくるのです。
”1”や”9”の縦線の下端でやや右にはらうのが高橋さん流・・・と勝手に判断。
もっと小さい数字が欲しかったけど、1桁や2桁より、3桁の方が文字数が多いのでお得と考えることにしました。
(シリアルについては、ツイッターにて高橋さんが自筆であること書いていました・・)

写真は独特の空のグラデーションが美しく、
自然と人工建築物そしてヒト、さらにそれらのコラボレーション(いい意味でも、悪い意味でも)を映し出している。
それらの写真達の間に、高橋久美子さんの詩がちりばめられている。
詩の中のコトバや文が目や気持にチクチクと刺さってきます。

手作り感を感じるからか、こんな誤植の修正も何故かうれしくなってくる。
DSC04016
これを剥がすと、「こういうことかい?」の答えが書いてあったりして?
(そんなことはありませんので剥がさないように・・。裏から見ればわかりますから〜。)

いい本を買った。と思う。
これから、気が向いた時に、好きな時に、この本を手にとって、読んで、眺めて、いこう。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

いや、マジおもしろいです。

有川 浩。今のところハズレなし。

ほな。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

塩の街 という本を読みました。(一分前に読み終わったところです)

阪急電車の有川 浩の書いたものです。

タイトルからして、今ひとつな印象。
裏の説明を読んでも、非現実的な内容。しかもデビュー作。
”期待できねぇな・・"と思いつつ購入。
他にも何冊か、有川作品があったが自衛隊三部作?みたいな形で表現されており、塩の街が一作目の役割のようだった。

おもしろくて、すぐに読み終わりました。
ページ数は多いのですが、阪急電車と同様に一つの章が短いので、とても読みやすいのです。
高校生の女の子が主人公で、登場人物や描写がアニメ的なイメージに個人的には直結するのですが・・・おもしろいです。
これを女性が読むと、どう感じるのかは疑問ですが・・・。

百里基地というと、新谷かおるのマンガを連想してしまいますね。
あまり覚えていないけど、ファントム無頼 とか エリア88ですかね。
懐かしいなぁ。

有川 浩は、自衛隊好き(軍事好き?)なようで、阪急電車にもその関係のエッセンスが入っていますね。
おたく なのかな?

さあ、読み終わったから、次の本を買いに行かなきゃ!! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

阪急電車 有川 浩著。

高校の通学で、阪急電鉄を使っていました。

電車で通うのは面倒でしたが、いろいろと良い事もあったのだと思います。

芦屋川駅から乗って梅田方面へ向かい、西宮北口駅で乗り換えて甲東園駅で下車します。

高校3年間は、ほぼ毎日阪急電車のお世話になりました。

近所の文教堂で、小説を探していたところ、「阪急電車」というタイトルの文庫本を発見したのが、この本を読むきっかけでした。
「Railways」だっけ?Always? のような電車ものかな・・とも思いましたが、手に取ってみると、”映画化決定”とあります。その時はふーん。と思い戻しましたが、別の棚でみていると「”阪急電車”で人気の」という帯を持つ本もあったので、もう一度戻って購入しました。

まだ、途中ですが「かなりいい!!」です。

ちょうど、電車の中で読むのにもいい長さに各章が構成されていそうです。

この本で知ったのは、子供のころに何度か行った「宝塚ファミリーランド」が閉園されていて、跡地がドックガーデンになっているということ。
母親といったりした、思い出の遊園地だったので、もう一度行きたいなぁと思っていたのですが残念です。

今後読み終わって感想等あれば、また書きますね。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ