やっぱりモノが好き。

最近購入したモノ、気になるモノを紹介します。TUMIのバッグやスマホ等のガジェットについて、レビューや価格情報を中心に紹介しています。
コメントをいただけると、非常にうれしいです!
スミマセン、カテゴリーやタグの整理ができていないので、ちょっと右下のGoogleカスタム検索を使うとイロイロ出てくるかもしれません。

Sponsored Link

カテゴリ: Apple

ドコモのdビデオは、いろいろなプログラムが見られる割りに料金が安いので、
かれこれ半年以上継続して契約しています。
(過去、こんな記事も掲載しました)

スマホを契約するときに、度々、Huluも平行して契約(させられたり)しました。
直近で Hulu では、ギャラクティカ という海外ドラマにはまってしまい
見終わるまで、数ヶ月契約を継続しました。

少し、Hulu と dビデオ の比較をしてみますと・・・

・料金(税抜き) Hulu 933円。 dビデオ 500円。(約半額です)
・番組数 Hulu 1万本。dビデオ 2万タイトル、9万2000本。
・画質はHuluの方が良いです。dビデオは階調段差がひどいです。
・音質はHuluの方が良いです。dビデオは高音の音質が悪くしゃりしゃり鳴ります。
・対応デバイス
 Hulu スマホ、PC、対応しているテレビ、プレステなど
 dビデオ スマホ、PCのみ。
 (dStickでTVで見るという手もありますが、TVで直接観ることができません)
・コンテンツのダウンロード
 Hulu 不可
 dビデオ 可能(コンテンツによる。また、再生時に通信による認証が必要)

Hulu の番組ラインナップも最近は傾向が変わってきています。
日テレオンデマンドの番組が入ってきていて、dビデオに近いイメージとなってきていますね。

画質重視ならHulu。
手軽に楽しみたい、出先でも動画を見たい となるとdビデオです。
Hulu はストリーミングのみですので、外出先でビデオを見ようとすると
パケットの消費が早く、すぐにLTEの速度制限に引っかかってしまいます。
一時期、フラット契約の3回線を朝、昼、夜 と
テザリングで使い回していましたが不便ですよね・・。
(朝通勤時は回線Aの端末からテザリング、昼は回線Bの端末で・・・と)
そうなると、ダウンロードしておけるdビデオに軍配があがります。
ダウンロードするのも時間がかかって面倒なのですが、
就寝前にダウンロードをスタートさせておけば、朝にはバッチリです。

現在は、画面の大きいXperia Z Ultra で見ていますが、ここで問題が!
ストリーミングでも、ダウンロードでも映像がカクカクします。
ちょっと気になるのですが、楽しめているのでいいかな?と思っています。
これが、私のC6833だけの問題なのか、Z Ultra 全般の問題なのかはちょっとわからないため
参考レベルの情報としてください。

そして、家ではiPad や、MacBook Air でdビデオを楽しんでいるのですが、
やはりTVの大画面で気楽に見たいなぁ、家族と見たいなぁ・・と思う時があって
調べてみると、MacBook を TVにつなぐ方法があるじゃないですか!

MacLab. Thunderbolt ( Mini DisplayPort ) - HDMI 変換 ケーブル 3m 1080p - ビデオ、オーディオ、マルチディスプレイ、ミラーリングモード対応【相性保証付き】
DSC03151
Amazonで購入しました。
3mで 1,180円。1.5m なら 980円 と、普通のHDMIケーブルを購入するのと変わらない値段です。

MacLab. などと、それらしいブランド名をつけていますが、特にブランドというわけではないと思います。
DSC03152
↑ HDMI側のコネクター

DSC03153
↑ mini DisplayPort 側のコネクター

MacBook Pro 13", MacBook Air 11" にて接続してみましたが、問題ありませんでした。
(使えました!!)
DSC03157
↑ MacBook Pro に接続してみました。

無事、dビデオをTVに表示させて見ることができました!
TVから音声を出力するのに、Mac側の音声設定にコツがあるようです。

使ってみて思ったのは、TVから離れて見る為、当然Macからも離れてしまう。
途中で一時停止や送り、戻し等はわざわざMacの所まで行って操作する必要があるのが面倒です。
(TVのリモコンは使えませんので・・)
ひょっとして、Apple TV でミラーリングで接続すれば、この辺りの使い勝手がいいのかもしれませんね。 Apple TV の場合、9,800円(税別)と、ケーブルの約10倍の費用となりますが、iPad, iPhone ともつなげるので便利かもしれません!

このケーブル 一本で(しかも安いですね!)より、dビデオを楽しめるようになりました。

みなさまもトライしてみてはいかがでしょうか! 
(ウチの場合TVが2台あり、いちいちケーブルの入れ替えが面倒なので
もう一本購入してもいいかなぁ?と考えています)

試してはいませんが、アダプターで結構安いものもあるのですね↓
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前に、アップルの神対応と残念対応のすき屋のエントリーを書きました。

引き続き、アップルストアのアフターサービスでこんなことをやってもらいました、
という事例を紹介します。
Apple_store
紹介することでクレーマーが集結するのは望ましくないですし、
その結果、アップルのサービスが縮小されると残念なのですが、
わたしと同様に困っている人は多いと思いますので紹介します。
(注意:誰もが同じサービスを受けらるとは限りませんし、
いつまでも同じサービスをしてもらえるかもわかりません)

ケータイ屋さんで契約して購入してきた iPhone 5s に傷がついていた としたらどうしますか?
本来は、受け取りの時に状態を確認するべきですが、店側も確認して下さいとも言わないし
時間もなくてそのまま受け取りというケースもあるかと思います。

で、家に帰って見てみると何やら傷が・・。
ケータイ屋さんに電話すると、「受け取って店から出てしまうと・・。」というような事を言われる。
(試していませんが)ドコモショップでは「Apple製品のアフターはAppleストア等で・・」と言われるのでしょうかね。

知恵袋を見ると「確認しなかったあなたが悪い」と。
(はい、そうです。すみませんねぇ)

わたしは、ジーニアスバーを予約して持ち込みました。
「購入したら傷がついていた」と。

結果、きれいなモノと交換してもらえました!
リペア用の個体なので本体のみの交換されます。
SIMを挿す前まではSIMフリーという噂ですが、
その場ですぐにSIMが挿入されアクティティベートされます。

費用はかかりませんでした。

結構落ち込んでいましたので、本当に助かりました。

傷がアップル出荷時についていたのか、
ケータイ屋さんで何か事故があったのかはわかりませんが
自分に責任のない傷はさすがに受け入れられません。

アップルケア、キャリアの保障があればもう少し違う対応があるかもしれません。

今回もアップルのサポートにお世話になりました! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回のエントリーの続きです。今回はアップルストア編)
書きたい事を全てダラダラと書いていますので、長いです。
”神対応”なんて言葉は使いたくないのですが、
現代のコトバでフィットするのはやはり、これだったので。


初売りの翌日(1/3)にアップルオンラインストアでイヤホンを買いました。

BoseのIEが壊れかけていたし、別のモノも試してみたい・・。
と昨年末に物色していたところ、
↓ こんなイヤホンに遭遇。(本家のオンラインストアでは、8,400円(送料無料)です)
Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic。
ネット調査をすると、値段の割にはすこぶる イイ音!!とベタボメでしたので
高鳴る胸を抑えて、アップルストアの初売りを虎視眈々と狙っていました。
なんせ、このイヤホンはBA(バランスドアマーチャ?)方式にしては格安!で
レビューを見る限り、リピーター続出の模様なのです。
(壊れた→再購入。新型出た→購入。といった具合)

BOSEのIE2の外部からの音の侵入により、
電車内でドラマ等の映像ソースを楽しめないという問題を抱えていた私は
密閉性の高いインイヤーを試すべきではないか!?とも考えていたところでした。

しかし、過去にインイヤータイプ(カナルタイプ)で痛い目(耳?)にあっている私は
BOSEのインイヤーである(ゆるゆる故に音の侵入が激しい)IE2しか試したことがありませんでした。

痛い目(耳)の話:
 遥か昔、ソニーからインイヤータイプのノイズキャンセリングイヤホンが発売された。
 比較的低価格で、胸に奇妙な三角形の物体を取り付ける必要があったが、
 当時ノイズキャンセルに憧れを抱いていた私は、それを購入。
 そして飛行機に乗った。
 しかし、どうも外部ノイズの消えが悪い。
 耳にフィットしていないのか??→グリグリと押し込む。
 いや、今一つ効果がない・・。→ もう一度グリグリと・・。
 を繰り返し、耳が痛くなったのです。
 また、インイヤー独特の耳の穴内が真空になったのような感覚(で、やっぱり痛い)がだめなのです。

残念ながら、アップルストアの初売りでは対象商品ではなかったため、
ライトニングケーブルを買い、1000円分のギフトカードを得た上で
初売りの翌日にアップル純正のインイヤーイヤホン(MA850G/B)を購入しました。

そして、届いた〜!
バキバキ!(箱をあけた)
べローン(イヤホンを取りだした)
「うーん、このケーブル。プリプリしていてちょっとやだなぁ」(モノを見て買っていませんからね・・)
プチッ(iPhoneに接続)
ブス、ブス(耳に挿入)
「うぅ、やっぱり耳に違和感がある!!」
そして再生スタート!
”シャカシャカシャカシャカシャカ〜♪”
「おいおい、低音はどうした、低音は!!」
これは、あれだ、耳にフィットしていないからだな・・。
→ グリグリと押し込む
”フーンフンフンフーン(普通の音)"
「普通の音にするには、やたら押し込む必要があるなぁ・・」
「そうだ!イヤーチップのサイズを替えてみよう」
結果→同じ。
「ちっ!こんなのいらねーや。子どもにでもくれてやるか!」(商品開梱からここまでの決断に約4分)
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した。
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した。

「ん?ちょっと待てよ、今時のオンラインストアなら返品できるかも!」(ヒラメイタ感あり)

そしてネットで検索。
ストアの返品の項目を確認。
 Apple Storeでご購入いただいた製品にご満足いただけない場合、
 製品受領後14日以内にApple Storeにご連絡ください。
 製品が返品可能で、未開封の現品をお客様が返送された場合は、
 Appleは交換あるいは購入時の支払と同じ方法によって
 返金処理を承らせていただきます。
 Apple Storeギフトカードでお支払いの場合は、
 返金の代わりとして、Apple StoreギフトカードをEメールでお届けいたします。
 お客様は、返品の依頼をしてからApple Storeの指定する場所に
 14日以内に返却しなければなりません。
 全ての製品は製品梱包、マニュアル、アクセサリなどの同梱物が
 全て揃っている状態で梱包される必要があります。
 なお、お客様都合による返品時の送料はお客様のご負担になります。

「送料は払ってもいいけど、うーん、未開封かぁ・・・。あかんわ」
・・もうちょっと検索。
”開封しても返品できた!”
”開封した場合には、手数料を払えば返品できる!”
など、いろいろありますね。

と、一通り確認した後に「まぁ、相談してみるか」と電話。
「ぷるるるるるる〜ぷるるるるるる〜ぷるるるるるる〜
現在大変込み合っております。
しばらくお待ちいただくか・・・」と、普通のガイダンスが流れます。
(どこかの電話とは大違いですね!) 
「がちゃ、どうされました?」(とは言いませんが、相談スタートです)
優しそうな声の女性です。
「イヤホンを買いましたが耳に合わなくて・・」 
「サイズ違いのイヤーチップは試されたでしょうか?」
「はい、全てダメでした」
「そうですか、申し訳ありませんでした。
商品に御満足いただけなかったということで返品処理を進めさせて頂きます」(神!)
「え!?開けちゃったんですが」
「開けて、お試しいただかないとわからないのでお気になさらないでください。」(神!!)
「こちらから返品先をお知らせいたしますので、発送をお願います。
あ、少々お待ち下さい。」(???)
・・・・・。(ごにょごにょごにょ)
「上司に相談したところ、こちらから商品をピックアップできるようになりました。
これであれば返品の送料がかかりません」(神!!!) 

正直、ピックアップされるとその時間に待っていなければいけないので
ちょっとイヤだったんですけど、お金はかからないに越したことはないので
ありがたくピックアップしていただきました!
その後、クレジットカード上の返金、ギフトカード上の返金もスムーズに行われました。

オンラインでの購入は画面上の操作だけで味気ないものですが、
その後のサポートで客を気持よくさせてくれる。
何度かアップルオンラインストアでは購入していますが、
ここで買ってよかったなぁ・・・と思います。

多少割高だったとしても、サービスのいいお店、気持ちの良いお店で買って行きたい
なんて考える歳になってきました。

まぁ、すき家と比べるのも、ちょっと大人げないですけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC03121
iPad Air購入時に、ただでさえ品数が少ない店舗で選んだフィルムは、
ELECOM for iPad 2013 指紋防止フィルム。
指紋防止+反射防止+エアーレス
と、機能が盛りだくさんです。(上の写真右側)



電車の中で見るときに窓の外からの反射が気になるといやだし・・。
と、考えて反射防止にしました。

これが失敗。

指紋防止のためか、
 表面がさらさら
     ↓
 表面に微細な凹凸をつけている(のだろう)
     ↓
 (おかげで拡散して)解像感が落ちて見づらい

という結果で、後悔しました。 
(指のさらさら感重視の方は別の印象を持つかと思います)

フィルムって、高いですよね。
特に、iPad のように大きなサイズだとさらに値段が高くなって
買い換えようか!なんて気軽にはできません。

しかし、せっかくの Retina ディスプレイ が台無しだし、
日経電子版(紙面ビューワー)で、新聞紙面が見にくい!
電子書籍で買った雑誌の文字が見にくい!
と、目的とした使い方に支障が出るため、即買い換えました。

で、買ったのがコレ↓
他の方のブログ等を参考にして選びました。
MIYAVIX OverLay Brilliant 高光沢タイプです。

高光沢タイプ!色鮮やか!ハードコート仕様!
最も気に入っているのは、ホームボタン周辺がくりぬかれているところです。
ホームボタン下側が切り取られているのをU型、くり抜かれているのをO型と呼ぶことにします。
下の写真左がO型、右がU型。
DSC03126
見栄えとしての勝負は見えています。
見栄えはO型が圧勝!
U型のメリットはいくつかあります。
1. 親指でホームボタンを押す場合にフィルムによる段差が気にならない
2. 貼り付け時の位置合わせが比較的楽(だと思う)
ですが、もう見栄えだけでO型がいいですよ!

開封してみたら本当にフィルムしか入っていませんでした。
大抵は、画面を清掃するためのクリーナーが入っていますよね。
最近では、ゴミ取りの為の粘着物が入っている場合もあります。
しかし、この商品はフィルムオンリー!
また、多くのフィルムは表裏にシートが貼ってありますが、ここのは裏面(台紙)のみ。

貼って見ると、空気は入りにくいですね。
位置に気をつけて、ゆーーっくり貼れば大丈夫です。
冬場はホコリが付きやすいので注意です。

初めに購入したフィルムは、張り替え後に即廃棄しました。
これでフィルムが悪い!と思いながら眺めていた生活からさらばです。

しかし、スマートケースをつけていて常に表面はカバーされているのに
フィルムを貼るというのは、どこまで心配性なんでしょうね。 

(U型、O型の表現は、トイレの便座の呼び方から拝借しました) 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

国内でAppleから発売されたSIMロックフリーのiPhone 5sを購入しました。
容量は32GBで、¥81,800- です。
(キャリアの iPhone 5 や 5c の16GBが MNP だとキャッシュバック付きで一括0円で
売られていることを考えると ”高!” ですね)

JGCを狙っていて海外に行く機会が多いならばいざ知らず、
自分に今SIMフリーiPhoneが必要なのか?
と、考えると明確な理由がありません。
まさに「欲しいから買う!」だけです。

SIMフリーiPhoneの利点だった、シャッター音がしない という仕様については
国内版SIMフリーiPhoneは音が出るとのことで、ここはちょっと残念。
レストランやお店での撮影で、シャッター音を消したいのですけどね〜。

あまり皆さんは興味をお持ちでは無いと思いますが、今回購入にいたった経緯を紹介します。

まず、欲しかったのが指紋認証機能です。
パスコードを設定しているので、ログイン時にいつも4桁の数字を入れています。
このコードも、人前で入れることが多く、見られているような気がするんですね。
なんだか、それが恥ずかしい・・。なんて気になって仕方がなかったんです。
そう考えるということは、自身が人のパスコードをじぃ〜っと見ているのか?というと
妻のパスコードするら知りません・・。
そんなこんなで、この指紋認証がどうしても欲しくなってしまいました。

それにプラスして、妻や長男が使っているiPhone 4s の故障が発生。(がまん出来るレベル)
これは一家の主として、是非新しいiPhoneを買ってあげなければ!と物欲丸出しで購入を検討開始しました。

 iPhone 5cは、SBやauで MNP 一括0円+キャッシュバックが当たり前なのですが、
5s はなかなかいい条件が見当たりませんでした。
どうも、家族の中では、5c ??? いや、それはちょっと・・という雰囲気が漂っていました。

ここに来て、とある店舗で  ” (ドコモ) 3台MNPで 5s が一括 0円 ”のキャンペーンをやっていました。
1月からの学割キャンペーンスタート時期には一括0円は珍しくなくなるかな?とは思いますが
現時点ではなかなかの条件でしたので、家族分 3台 MNPを実施。
オプションは、dビデオと当初無料のドコモオプションのみで、即外しOK。

3台購入のうち、残りの2台は家族が使います。
このうち一台を買取店で ¥58,000- にて売却。(現在は買取価格が52,000円程度に下がっている模様)
シンガポールで購入した思い出の SIMフリー iPhone 4 32GB を ¥21,000- にて売却。
合計 ¥79,000-となり、ほぼ 脳内 0円でSIMフリーiPhone 5s の購入資金ができたので
アップルオンラインストアで購入しました。

↓ 楽天でストアと同価格にて海外版SIMフリーiPhone 5s が販売されているんですね・・
海外版SIMフリー Apple iPhone5s ゴールド 16GB

海外版SIMフリー Apple iPhone5s ゴールド 16GB
価格:71,800円(税込、送料込)


今回は、ちょっと弱気(なのか強気なのか)になって、アップルケアプラスも追加してしまいました。
どうせ、そんなに使い込まないのですが・・・

なぜ、SIMフリーか?
・今やiPhone は国内3キャリアで取り扱われる共通端末である
 週刊リスキーで見る限り、特に不都合なく各キャリアで使えそう
 持っていた iPhone 4(SIMフリー)だとLTEが使えない、auで使えないという問題がありました。
・MNPなどで、ころころとキャリアを変える予定がある
 となると、どうせMNPする場合にはiPhoneを狙うだろう=SIMサイズはnano
 MNPの際に入手した端末を(同じiPhoneをキャリア毎に)いちいち使うより、
 SIMを入れ替えて使えるSIMフリーiPhoneを旗艦として使い続けた方が楽だろう
 (入手した端末は即売却する)

実は、趣味がMNPでして・・・かなりの回線を持っています。
趣味のMNP(通称 MNP乞食)では、端末の買取価格が高い iPhone が主となるため
SIMフリーのiPhoneはいろいろな場面で助かるはずです。

実際に運用していくと、いろいろと問題は発生するかもしれませんし、
iPhone 6 が出たら使わなくなるかもしれません。
家内や長男のスペアとして、また、安価なMVNO用として、等いろいろと使い道はあるかと思います。
まぁ、モバイル環境はゴロゴロと変わるので、この5sも使っても一年位かと思います。
DSC03042_R
届いた SIMフリー iPhone 5s は、ソフトバンクの iPhone 5c 用の
SIMを入れてアクティベーションして使っています。

DSC03041_R
型番はME336J/A, Model A1453 です。
個人的には、シルバーが一番キレイだったのでシルバーにしました。
妻がゴールド、息子がグレイを使っています。
何気にスペースグレイがかっこよかったですね。

今回は、Apple 純正の 5s ケースを購入しました。
iPad Air で買った純正の革ケースの手触りがよかったので、
iPhone 5s 用にも革ケースを買いました!
DSC03043_R
¥4,080-です。高い!
本当は赤が欲しかったのですが、レビューに”すぐに汚れる” 等と書いてあったので
黒を購入しました。
DSC03044_R
↑ パッケージ裏側
DSC03046_R
↑ 革の凹凸で作られたアップルのリンゴマーク
中にはプラスチックのフレームが入っているようで、カメラレンズ周辺はプラ枠となっています。
DSC03047_R
↑内側 気持ちいいです。

DSC03049_R
↑ そして、イヤホン端子部。確かに狭い!
ここもプラスチックのフレームがあるため、革の伸縮は期待できません。
アップルストアのWebページでもBose製ヘッドフォン、イヤホンが使えるか?の質問が上がっています。使えなくはありませんが、ちょっとしたプラグの回転ですぐに外れます。
端子の接触性や使用時の安定性を考えるとこのケースは避けるべきです。
シンプルな表現に変えると、”使えません” となります。
DSC03048_R
↑ 手持ちのBose IE2 audio headphones を挿入したところ。
使えます。が、本当にすぐにポロリと外れます。
実際に使うならばドリルのようなものでプラスチックを含めて削る必要がありそうです。
近々届く Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic でも、しっかりと刺さるのかを確認します。 
 
まぁ、個人的には気に入っていますが、正直 白と黒の組み合わせはイマイチでした。
汚れ等は気にせずに、もっと自由に色を楽しんだ方がよかった と思います。

以上、皆様のご参考になれば、と思います。
↓ ケースが100万円??
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1月2日は、Apple LuckyBagの話題等で楽しい一日です。

福袋を買うには、かなり並ばなければならないので
私はオンラインのアップルストアでちょっとお買い物。

この日には、初売りということで色々とお買い物がお得になっています。

基本的には定価での販売に、ギフトカードがついてきます。

15,000円というような高額なギフトカードがついたりしているようです。

こっそりと、 Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic (ME186FE/A) を
狙っていたのですが、こちらはギフトカード対象ではありませんでした。
(EarPods は、1,000円ギフトカード対象・・)

Bose の QuietComfort20i にも、5,000円のギフトカードが付いていて
ちょっとグラっときました。(値引きだと考えると安い!)

結局、予備で欲しかった Lightning to USB Cable 1m を1,980円で購入し
1,000円分のギフトカードを貰いました。

このギフトカードを使って、安く ME186FE/A を購入するという作戦です。
(もはや得したのかどうか、わからなくなっています・・・)

アキバ等で売っている安いケーブルは使いたくなかったので
純正ケーブルが(気持ち)安く買えた、という感じでしょうか。

商品は、注文した翌日に届きました。
IMG_0070

今回は、ギフトカードでしたが、従来は値引きだったようです。
ギフトカード自体は、メールで送られてきます。
当日の初売りへ適用できないようにするためか、
日付が変わってからの送付でした。

ギフトカードが届いてから即、目的の ME186FE/A を発注しました。
いろいろと値段の割には音がいい!等の触れ込みがありますので
楽しみにはしています。
評判はすこぶる良いのですが、アップル専用のリモコンとなるので、
考えてみれば爆発的に売れるようなものではありませんね。

イヤーピースの替えが無い、でのソニーのものに変えたら音がよくなった!
とか、簡単に新品交換される!とか
検索するといろいろと出てきます。

今使っている、BoseのIE2とどちらがいいか比較が楽しみです。

お! 箱を開けてみるとこれまた、カワイイまき方でした。
IMG_0072

    このエントリーをはてなブックマークに追加

エアーだなんていって、どこがエアーやねん!
と、各所で言われている iPad Air を買いました。

これは軽いし、動作が速い。

MacBook Pro(Mid 2010) から MacBook Air(Mid 2013)に買い替えたような感覚です。

私の持っていたのは「新しいiPad」(iPad 3rd) ですが、
今回、iPad Air を購入して、かな〜り満足しています。

画面サイズ、レティーナディスプレイであることは変わりませんが、
重量、スピードが大幅に変わっています。
3rdの時は、使い方がわからないから64GBを購入しましたが、
今回は、予算と相談して、32GBにしました。
動画や画像をドカン!と入れなければ使えるだろう、と判断しました。

 iPad を持ち歩いて、雑誌・コミックを読もう というのが主な用途かな・・。
電子書籍は、Kindle PaperWhite(2012)やkobo gloを使っていて、
小説はそれらで読んでいます。
やはり、電子ペーパーが見やすいのと、メインで使っているkoboは軽いのがいいのです。
(そして、最も魅力的なのがクーポンを使う事で、かなり安く書籍が買える!!)

でも、コミック(なんて言うとアレですが、要は”まんが”ですな)は、見開きで見られることが重要です。
基本的には紙の雑誌で掲載されるため、見開きでのページ構成が出てきます。
そうなると、このiPadサイズが必要なのです。
DSC03018
↑ 画面を横にして、2ページを表示します。(斜めに撮っているのでちょっと縦横比がおかしいですね)

でも、軽く持ち歩くための iPad mini も本当は欲しいんですけどね・・。

このような使い方もあって、この iPad Air については非常に満足しています。

そして、ケースとして購入したのが、スマートケースです。
この Apple のスマートケースは革製で、9,400円します。(高い!ポリウレタン製を早く出して下さい)
この時期、ヨドバシ等では色が揃っておらず、赤しかなく、
イエローを狙っていましたが、「まぁ、赤もいっかな?」という気持ちになって購入しました。
(PRODUCT) RED ですので、売上の一部は寄付されるというのもイイじゃないですか。

前の iPad には スマートカバーを付けていました。
スマートカバーとスマートケースの最大の違いは、
ケースの方は裏面を覆うケースになっているという点です。
カバーを使っていて、何かの拍子にポロっと外れてしまうこともあったので、
今回はケースにしました。

で、このケースを使ってみると、
カバー部を3角にして手で持とうとしても、どうもしっくりこないのです。
比較すると、↓ このようになります。
DSC03019
旧iPadのカバーは、カバー部の折れ曲がり数が一つ多いため
三角にした時に重なる面が出来るのと、それゆえに三角が小さく握りやすいのです。

オンラインのアップルストアで見てみると、旧iPad用はカバー、ケースともに
カバー部が4つに分かれていますが、
Air用はカバー、ケースともに、3つなのです。
DSC03020
これは、iPad の横幅が短縮されたことや、重量が減ったことによる
方針の変更かもしれませんが、ちょっと残念に感じました。

しかし、このケース、革がなかなかいい味を出しています。
革である必要があるかは微妙ですが
裏面のケース部分のやわらかいカーブ、造形はとても素敵です。
すぐに薄汚れていくのでしょうが、これは凄いなぁと思いました。

しかし、ケースを付けるとかなり重量が増えるので
Air さを生かすなら、確かにスリーブでの運用がいいかもしれません。

これから iPad を買う方も、既に iPad を持たれている方も、
Air は結構いいですよ。
お金に余裕があれば、是非買い増し、買い替えしてはいかがでしょうか。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

あやしいなぁ、と思って検索していました。
MacBook 系のACアダプターは、 故障しやすい! というレポートが多数出てきます。

私が2010年に購入したMacBook Pro 13インチ(Mid 2010)のACアダプターも、ついに故障してしまいました。

MacBookからMagSafe を一度外してしまうと、次に本体に取り付けても
充電中を表すLEDが点灯しなくなる症状が続いていました。
(実際に充電・給電がされていない)

今まではMagSafe部分をグリグリとしたり、ACアダプター本体のケーブルの抜き差しで
復帰していたのですが、昨晩からは復帰せず。
もう一台別のMacBook(非Pro, ポリカ)が自宅にはあるので、
そちらのACアダプターとの接続では問題がない。
ということで、ACアダプターの故障でほぼ間違いはない。

検索していると、無償での交換というケースも出てきます。
そもそも、Appleのサポートページでも、”とにかく持ってこい”という内容で書いてあります。
そりゃあ、Apple Store に行ってみるしかないね!ということで早速訪問してきました。

Genius Bar を予約して訪問してみると、隣の方もACアダプターの相談で
「交換しますか?」「します」という話が聞こえてきます。
(これは、期待が持てる!!)

私の方は、本体のシリアルで購入時期を特定、
別のACアダプターでの充電確認(ACアダプター側の問題と判断)
故障ACアダプターのケーブルの損傷を入念にチェック
被覆の破れ箇所があったので、「ここですね」と断定。

結果、ACアダプターについて、以下の2パターンを案内されました。
・新品購入で7,800円(1年保証)
・修理交換扱いで定価の1,000円引き(3ヶ月保証)で購入可能
Geniusさんオススメは、新品購入の1年保証だそうです。
( 3ヶ月だと危ない??)

ちらり、と隣の方を見るとどうやらクレジットカード決済をやっている模様で
お隣さんも有償だったようです。

その場で、1,000円引きでの購入でもよかったのですが、
Amazon等での格安互換アダプター購入を頭をよぎっていたので
その場では決断できませんでした。

結局、近くのヤマダ電機で
定価の7,800円+ポイント10%(クレジットカードだと8%)で購入しました。
Apple Storeでの中間位の内容になるのではないでしょうか。

互換アダプターも検討しましたが、
Amazonのレビューを見ている限り、
やはり怖くて格安互換アダプターの購入には踏み切れませんでした。

私の場合、常時コンセントに接続しているので
年中無休、24H稼働という過酷な使用条件です。
この程度の金額で安心できるなら、まぁいいか と思います。
(留守宅で火災発生、原因が格安アダプター等というのも悲しいので)
このあたり、個人個人の価値観かと思います。

アクセサリーとは言え、Apple製品はなんだかワクワクします。
DSC02997

ACアダプター本体+コンセントプラグ+ケーブルが入っています。
本体だけで、安くして欲しいところです・・・。
DSC02999

上が新ACアダプター、下が旧(故障したもの)です。
DSC03001
新しいのは、DONGGUAN SAMSUNG製
故障したのは、DELTA ELECTRONICS製
古い方はさすがに経年で若干黄ばんでいます。

Appleに限らずノートPC用のACアダプターは、
どのPCメーカー製でも断線による故障はよく見られるものだと思っています。

解像度は低いものの、このMacBook Proはまだまだ使えそうなので
ACアダプターの買い替えは”有り”かと思います。 

あぁ、次はバッテリーが心配だなぁ…



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2013 Mid というらしい、MacBook Air 11インチモデルを購入しました!
なんだかんだでApple製品が増えてきました・・。
DSC02869
この他にも、iPod 2台、家族のiPhone 4S もあります。
そりゃぁ、儲かるよね、Appleさん。

今回のMacBook Airは、ヤマダ電機で吊るしの安いモデルを購入。
価格の話をすると、ヨドバシ等では98,800円で5%還元だったりするんですけど
ヤマダ電機はもっと安いんですよねぇ。
私が買ったときは、93,800円でポイント18%でした。
ポイントが16,884ポイントついて、脳内としては 76,916円。
価格.comの最安値よりも、安く買えています。
が、払ったお金は93,800円という事実は変わらないわけです。
ですが、このポイントでOffice for Macを買うのもいいかな、と思っています。

今までは、MacBook Pro 13インチ(Mid 2010)を、
(これもヤマダ電機で買ったのですが・・) 
使っていて、解像度、外出先での重量に不満がありましたが
Boot Camp で、主にWindows 7で使っていました。

今回は、おし!夏休みにバンコクでも行くか!と思っていろいろと計画している時に
「う〜ん、やっぱり旅行には軽いパソコンが欲しいねぇ」
と思って超軽量の SONY VAIO Pro 11’ とどちらにするか悩んでいました。 
VAIO Pro は 価格が若干高いのとキーボード操作時のしなりが気になっていました。
Airのいいところは、キーボードピッチが13'と同じなところ。
モバイル向けとは言え、快適なキー入力が可能です。
「そうだ、ヤマダ電機はMacが安いからちょっと見て来よう」と思って
お店に行ったら予想より安くて、「これ、下さい」ということになりました。

13インチのProは、主に作業をWindowsで行っていて、
なぜか iTunesだけ は Mac OS という、変態的な使用法だったのです。
それゆえ、正直Mac初心者状態でした。

今回の Air は SSDが 128GB と、容量が少なめなので
Boot Camp 化はせずに Mac OS で使ってみようじゃないのよ! という決意をしました。

そもそも、「旅先が外出先で使うサブマシン」という役割で購入していますので
インターネットが見れて、メールができて、twitter ができればホボ用を足すはず。
なので、ちょっと不便だけど Mac OS だけで十分!なーんて思っていましたが
いざ、購入してちょっと使ってみると・・・すっかり、メインマシンになっていました!

本気で調べながら使ってみると、Mac OS すっげーいいじゃん! という事です。
特に、タッチパッドでのジェスチャーによる機能が秀逸。
これは、いい です。

今までのマシンとのファイルの共有には、Microsoft の SkyDrive を利用して同期をとるようにして、
試用期間で使っている Office で Macからもメンテ、作成できるようにしました。
マシン購入時のポイントで、Office のパッケージを買うと思います。
(3台のMac にインストールできるのもいいですね)
今後、Win 側との互換性で洗礼を受けるかも・・・というのが心配ですが・・。
L+母音 での小文字入力は、ことえり の環境設定で Windows風にすることで問題なくなったし
Control+x,c,vといった、カット、コピー、ペーストのショートがCommand + x, c, v なのも
修飾キーの変更で対応できるので、大体、キー操作関連の違いも吸収できそうです。
職場では、Windows なのであまりキー関連はMacに慣れたくないという思いがあります。

後の問題は、光学ドライブがない事と、iTunes データの管理方法です。
また、Time Machine 機能を使うなら保存先をどうするか?
AirMac Time Capsule を買っちゃう? 等と考えているところです。

MacBook Air これは超おすすめ! 

まぁ、これを買ったので 予算がなくてバンコク行きは中止にしましたけど・・。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、シンガポールにて入手したSIMロックフリーの iPhone 4 32GB 。
b-mobile Fair (1GB 120日間)で運用していたりしたけど、
やっぱりデータ量を気にしたりするのがイヤでした。
今日は、何MB?なんて計算したりしました。

それは、それでまぁよかったのですが、
先日「新しいiPad」(Wi-Fiモデル)を購入したこともあり、
SIMフリーのiPhoneなのだから、じゃんじゃんテザリングをしたい!
と思ったわけです。(バッテリーの持ちはともかく・・・)

 今ならドコモが月々サポートを2100円/月増額(MNPなら)という施策を打っている
ということもあり、本来の月々サポートが高い機種を買えば、
かなり安くデータ回線を維持できるわけです。
(24ヶ月なら、トータル50,400円のキャッシュバック)

<データ通信専用プランの料金>
・定額データプラン フラット バリュー(固定料金)
・定額データ スタンダード割2(二年契約 更新月を除く解約金9,975円)
で契約すると ・・・・ 5,460円
・mopera U ・・・・ 525円
--------------------------------------------------------------------
合計 5,985円

<月々サポートの金額>
GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D であれば、
・本来の月々サポート ・・・・ 1890円(3/20現在)
・MNPでの増額月々サポート ・・・・ 2100円
がひかれます。
さらに、eビリングで・・・ 105円引
--------------------------------------------------------------------
割引合計  4,095円(すごっ!)

割引後合計 (月々の支払い額) 1,890円!!
(さらに当初4ヶ月はmopera無料で-525円) 

安いですよね!
(イオンのSony Tablet祭りではもっと安くて、お得だったのですが・・・)

MNPできる回線はありますので、
 (すみません、プリペイドを用意しました・・・) 
後は端末をいかに安く一括で購入するか?ですね。
いろいろとお店によってありそうですが、今回はビックカメラで購入。
店員さんも非常に対応がよくて、(途中いろいろミスはありましたが・・)
SC-02Dをフォトアルバム04付きで0円で購入。

<端末購入>
本体一括 51,975円
月々支払いクレカ -525円
パケットサービス加入 -525円
MNP割引 -21,000円
タブレット割引 -10,000円
フォトアルバム割引 -15,750円
郵便局のお取次クーポン -5,250円
---------------------------------
合計 0 円以下

<その他で支払った、支払う金額>
au ぷりモバイル 契約 0円
au ぷりモバイル チャージ 1,000円
au MNP転出手数料 2,100円

ドコモ 新規加入料(Tab) 3,150円
ドコモ 新規加入料(フォト) 3,150円
ドコモ フォトアルバム解約金 9,975円
mini UIMへ交換 0円
---------------------------------
合計 19,375円

<受け取るであろう金額>
iPadも買っていますから・・・
SC-02D 売却 20,000円

総合計 0円(の予定)

失ったもの・・・調査する時間、悶々とした時間、そして交通費(+ひょっとするとブラックリスト入り) 
得たもの・・・月々の費用が安いデータ回線とフォトフレーム(みたいなやつ・・・通称 ゴミ、盾)
        そして、iPhoneでのアンテナ強度表示!

ホント、いろいろと考えたり、調べたりしてヘロヘロになりました。
結局、回線狙いで、時間もありませんでしたし、精神的にもこれ以上考えすぎると良くなかったので
端末代0円、月々2000円で手を打ちました。

ネットでも注意点として話題になっている、
音声MNPからのデータ通信専用プランもストレスなくやってもらいましたので良かったです。
何となく、Xi契約にしたかったのですが、話がややこしかったのでFOMAでまとめました。
 
私ごときがXi契約するには、あと二年くらい待ってもいいかな?と思います。 

SIM交換、フォトアルバムの解約でドコモショップに行きましたが、
非常にいいお店でしたね。ドコモ、結構気に入りました。(待たされましたけど・・・)

考えてみると、フォトアルバムを買わないで支払っていた方がよかったのかな?
少し、シミュレーションしてみると・・・。
<端末購入>
本体一括 51,975円
月々支払いクレカ -525円
パケットサービス加入 -525円
MNP割引 -21,000円
タブレット割引 -10,000円
郵便局のお取次クーポン -5,250円
---------------------------------
合計 14,675 円・・・・ポイント 10%

フォトアルバム関連支払い 13,122円 ですので
フォトフレームが手元に残る事以外、利点はほとんどないですね。
(ご購入の方は、少し考えてみてください。
私は悩んだ末、フォトフレーム(2GBのSD付き)を試してみるつもりで購入しました)

こんな、話もあるということで、ご参考まで!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ