Chromecastが日本でも販売されるというニュースを見て、
即ビックカメラで注文しました。Google Chromecast
目的は、dビデオをTVで見る事と、PC(Mac)の画面をTVに映し出す事、
そして「とにかく買ってみたい!」という欲求を満たすためです。 
ビックカメラでの購入なら、下記写真をクリック願います!

〜申し訳ありませんが、本記事は画像なしでお届けします〜

箱も(アップル製品のようで、)質感は非常にいいです。
TVのHDMI端子へ接続。電源が必要なので、TVのUSB端子とChromecastとを接続します。
ACアダプターも付属しているので、ACアダプターと接続することでTVのUSB端子を
塞ぐ事無く使うことも出来ます。

Wi-Fi環境は必須で、参加したネットワーク内にあるデバイスからキャストすることが可能です。

dビデオや au のビデオパスについては、スマホから指定すると
Chromecast自身が映像データを取ってきて再生します。

もう一つできることは、PCやMacのChromeから一つのタブをキャストすることです。
タブ内の画像イメージが720pの映像に変換されて、Chromecastへ流れていくようです。(推測)
若干の遅延が発生しますが、同時に音声も遅延しますのでTV側で映像を見る場合には音ズレの問題はありません。
ただし、Chromecast上にはカーソルが表示されませんのでTVの画面を見ながら操作することはできません。
「ここのこれがさぁ・・」という複数名での情報共有で使う場合には、Chromecastではなく
PCをケーブルでTVに接続してミラーリングする方がよさそうです。

「PCのChromeがキャストできるなら」と、ブラウザでdビデオにアクセスして
映像をキャストしようとしても、これができません。
dビデオの映像はキャスト中のタブとは別にウィンドウが開き、
かつキャストアイコンが表示されないためです。

なお、iPadやスマホのChromeからはキャストできません。
考えてみると、映像に変換する必要があるため、それなりに難易度があるかもしれません。

Chromecastは、何もキャストされていない間は適当な画像を表示しています。

dビデオ(またはビデオパス)をとにかくTVに表示して見たい!
という方は購入して良いガジェットです。もちろんChromecastではなく、
dstickというデバイスもありますので比較してみてもよいかもしれません。
HD対応ならば申し分ないのですが、多くのコンテンツがSD画質ですので
このあたりはさしひいて考えた方がよいと思います。

YouTubeの内容を表示したい!という方も同様です。
(私が保有しているTVでは、YouTubeに対応しているのであまり使いませんが、
検索などをスマホでおこなって、見たい映像をキャストする分、Chromecast経由の方がよさそうですね)

PCブラウザ(Chrome)の内容をTVに表示したい!という方は
今一度ケーブル接続を検討してみてください。
ブラウザに表示される映像を大きく表示したい!という目的ならばChromecastは使えるかと思います。
(艦コレとかでも使えるんですかねぇ??やっていないのでわかりませんが)
単に、PCの画面を映したい!という用途とは違いますので注意が必要です。
使うシーンを考えてみてください。

値段も4,500円程度と絶妙な値付けです。(高いのか、安いのかよくわかりません・・)
今後のアプリの対応によって化けると思いますが。
現時点では、万人にオススメできるモノではありません。

個人的にはdビデオが大画面で楽しめるという点で満足です。

Chromecastを購入して、dビデオにアクセスすればレンタルクーポンがもらえます。
これでHD画質の映画でもレンタルして見てみようかな、と思っています。

ASCII.jpの記事がありましたのでリンクしておきます。
アプリが出そろえば、いろいろと使えますね。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック